No.3 建物明渡し請求の事例


【事  情】

  相談者(以後、Xと言います。)が所有しているマンションの借主で、2年ほど家賃を滞納している人(以後、Yと言います。)がいました。
  Xは、Yに対して、何度も家賃の催促をしましたが、のらりくらりとかわしたり、月額の賃料に満たない金額を入金してきたりしてきました。
  業を煮やしたXはYに退去してもらうべく、当事務所に相談に来られました。

 



【解決までの経緯と結果】

  弁護士の介入後、まず内容証明郵便にて賃貸借契約の解除通知を出し、到着後明渡しについて交渉を開始しました。
  弁護士が介入してきたということで、Yはこれまでのようなのらりくらりと問題を回避することができないことをさとったのか、交渉開始後わずか1ヶ月ほどで明渡しをすることで合意しました。
  
  賃貸マンション等居住用不動産の明渡しについては、継続的な契約であることから、大家(賃貸人)さんと賃借人の間で妙な人間関係が形成されてしまい、賃貸人が賃借人に強く言えないことがままあります。
  そのような人間関係を逆手に取って、賃料の支払いを先延ばしにしたり、今回のように解除されることを防ぐ意味で少しだけ支払うという賃借人がいることは確かです。
  このような場合、厳しい言い方をすれば、賃貸人の親切心を悪用
しているのであり、厳然とした対処をすることが必要です。弁護士が入るだけで、賃貸人の本気具合を見せることになるので、お悩みの方は、一度弁護士に相談し、逃げ得を許さないようにするべきです。




当事務所で無事解決した事例の一部をご紹介させていただきます。


No.1 建物明渡し、未払い賃料の強制執行

No.2 土地を時効取得したと言われた事例(境界と時効の問題)

No.3 建物明渡し請求の事例

No.4 共有している土地の分割請求の事例

No.5 未払い賃料を早期回収した事例

No.6 早期に建物退去させた事例

No.7 土地の賃料増額を認めさせた事例

No.8 作業所の滞納賃料360万円を連帯保証人をつけて和解ができた事例

No.9 約1ヶ月で明け渡し及び未払い賃料の分割和解ができた事例

No.10 不動産売買に関するトラブル事例

No.11 賃料滞納により物件の明け渡しを認めさせた事例

No.12 賃料滞納により訴訟に踏み切り、任意の明け渡しを認めさせた事例

No.13 購入した不動産に居住し続けていた前住人を法的に退去させた事例

No.14 土地売却のため立退請求をされたものが、立退き不要になった事例

No.15 貸借人が賃料を滞納していて、督促しても支払わなかったものを解決した事例

No.16 建物明渡し請求 ⇒ 開き直った家賃滞納者への対応

No.17 建物明渡等請求 ⇒ 家賃滞納者へ支払いを約束させる合意を結ぶ

No.18 NO.18 賃料請求 ⇒ 家賃滞納者への支払督促手続

No.19 NO.19 建物明渡し ⇒ 賃料滞納者と連帯保証人との合意書を交わす

法律相談の流れ

当サイトは弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所(大阪弁護士会所属)/
弁護士法人ⅰ 奈良法律事務所(奈良弁護士会所属)

お気に入りに追加する 事務所案内 事務所へのアクセス

Site Menu

Contents Menu

運営:弁護士法人i 本部東大阪法律事務所/奈良法律事務所│Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.