• HOME
  • 解決事例
  • NO.11 賃料滞納により物件の明け渡しを認めさせた事例

NO.11 賃料滞納により物件の明け渡しを認めさせた事例


【事  情】

  相談者は、アパート経営を行っていましたが、当該アパートの一室の家賃の滞納が数ヶ月に達したため、賃貸借契約を解除し、住人に対して物件の明け渡しを求めました。

【解決までの経緯と結果】

 住人と交渉を行いましたが、任意の交渉では話し合いにならず、やむを得ず訴訟を提起しました。
 しかし、訴訟を提起しても当該住人は訴訟に出席せず、欠席のまま、判決がなされました。
 そのため、再度任意での明け渡しの交渉を求めましたが、住人は交渉に応じなかったため、判決に基づき強制執行を行いました。
 その際、強制執行の段階出始めて相手方の判断能力が低下している可能性があることが判明しました。
 また、当該住人は身寄りのない独居老人であったため、強制執行を行う執行官からは「執行不能とせざるを得ないかもしれない」との意見が出されました。
 役場の担当者などにも相談し、手を尽くしてもらいましたが、真冬という時期的な問題もあり、このまま強制執行に踏み切ることができず、一旦強制執行の申立は取り下げを行いました。
 そして、後日改めて強制執行の申立を行ったところ、幸運にも住人の実娘の協力が得られることになり、最終的に当該住人には老人ホームに入居してもらい、残った動産類の所有権を放棄してもらう形で退去が完了しました。

 この事例では、住人との交渉がうまくいかなかったことから裁判になり、最終的には強制執行の手続きまで行いました。
 また、住人の方の意思能力にも懐疑点があったことから、解決までに時間がかかりましたが、弁護士が丁寧に交渉を重ね、最終的には依頼者・住人の方の双方にとって幸せな解決ができました。
 このように、ご自身での交渉では解決が困難な場合には、
専門家である弁護士に相談してほしいと強く思う事件でした。まずは、ご相談ください。

当事務所で無事解決した事例の一部をご紹介させていただきます。


No.1 建物明渡し、未払い賃料の強制執行

No.2 土地を時効取得したと言われた事例(境界と時効の問題)

No.3 建物明渡し請求の事例

No.4 共有している土地の分割請求の事例

No.5 未払い賃料を早期回収した事例

No.6 早期に建物退去させた事例

No.7 土地の賃料増額を認めさせた事例

No.8 作業所の滞納賃料360万円を連帯保証人をつけて和解ができた事例

No.9 約1ヶ月で明け渡し及び未払い賃料の分割和解ができた事例

No.10 不動産売買に関するトラブル事例

No.11 賃料滞納により物件の明け渡しを認めさせた事例

No.12 賃料滞納により訴訟に踏み切り、任意の明け渡しを認めさせた事例

No.13 購入した不動産に居住し続けていた前住人を法的に退去させた事例

No.14 土地売却のため立退請求をされたものが、立退き不要になった事例

No.15 貸借人が賃料を滞納していて、督促しても支払わなかったものを解決した事例

No.16 建物明渡し請求 ⇒ 開き直った家賃滞納者への対応

No.17 建物明渡等請求 ⇒ 家賃滞納者へ支払いを約束させる合意を結ぶ

No.18 NO.18 賃料請求 ⇒ 家賃滞納者への支払督促手続

No.19 NO.19 建物明渡し ⇒ 賃料滞納者と連帯保証人との合意書を交わす

法律相談の流れ

当サイトは弁護士法人ⅰ本部東大阪法律事務所(大阪弁護士会所属)/
弁護士法人ⅰ 奈良法律事務所(奈良弁護士会所属)

お気に入りに追加する 事務所案内 事務所へのアクセス

運営:弁護士法人i 本部東大阪法律事務所/奈良法律事務所│Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.